JavaScript:色々なイベント処理

JavaSciptのロゴ画像JavaScript
スポンサーリンク

JavaScriptのイベント処理は種類も多いので、比較的分かりやすいイベントで使いそうなものを1つにまとめた簡単なサンプルを作りました。

利用したイベントは、load, resize, mouseup, mousedown, keydown の5つです。

ソースコード

eventIroIro.html

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<meta name="viewport" content="width=device-width">
	<title>色々なイベント</title>
	<script>
		// 起動時
		window.addEventListener("load", function(){
			alert("ページ読み込みが完了したよ!");
		});
		
		// ウインドウサイズを変更したとき
		window.addEventListener("resize", function(){
			document.getElementById("message").innerHTML = "ウインドウサイズ変えたね!";
		});
		
		// マウスボタンを離したとき
		window.addEventListener("mouseup", function(){
			document.getElementById("message").innerHTML = "マウスアップ!";
		});
		
		// マウスボタンを押したとき
		window.addEventListener("mousedown", function(){
			document.getElementById("message").innerHTML = "マウスダウン!";
		});
		
		// キーボードを押したとき
		window.addEventListener("keydown", function(e){
			document.getElementById("message").innerHTML = e.keyCode + "を押したね!";
		});
		
	</script>
</head>
<body>
	<h1>色々なイベント</h1>
	<p id="message">???</p>
</body>
</html>

実行イメージ

実際にマウスやキーボードなどを操作して試してみてください。

少し解説

段落タグ(pタグ)につけた id=message の場所に、どんなイベントが実行されたか表示するようにしています。

例)マウスボタンを押したとき

window.addEventListener("mousedown", function(){
	document.getElementById("message").innerHTML = "マウスダウン!";
});

どんなイベントがあるかは以下でチェックしてみてください。(膨大です!)

イベントリファレンス | MDN
イベントは、コードの実行に影響を与える可能性のある「興味深い変化」をコードに通知するために発行されます。これは、マウス操作やウィンドウのサイズ変更などのユーザー操作や、環境の変化 (バッテリー残量の低下や OS のメディアイベントなど)、その他の原因によって発行されます。

無名関数に引数を指定すると、引数を通してイベントごとのプロパティを取得できます。
イベントごとのプロパティとは、例えばマウスをクリックしたときのマウス座標とかキーボードを押した時、どんなキーが押されたかなどの情報です。

今回この引数を使ってキーボードが押された時のキー番号(Aキーなら65のような)を表示しています。

// キーボードを押したとき
window.addEventListener("keydown", function(e){
	document.getElementById("message").innerHTML = e.keyCode + "を押したね!";
});
		

プロパティは、イベントにより変わります。
参考までに、今回使ったキーボードイベントのプロパティは以下で参照できます。

KeyboardEvent - Web API | MDN
KeyboardEvent オブジェクトは、キーボードによるユーザーの操作を示します。個々のイベントがユーザーとキーとの間の単一の操作 (または修飾キーとの組み合わせ) を表します。

ドキュメントをよく読んでみてください。色々なイベント処理に出会えると思います。
以上、JavaScript:色々なイベント処理でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました