JavaScriptでスライダー値を表示する

JavaScript
スポンサーリンク

input type=”range” を使うとサイトにスライダーを設置できます。
JavaScriptを使ってスライダーを動かしたときにリアルタイムに値を表示する方法を紹介します。

実行イメージ

スポンサーリンク

スライダータグの基本

スライダーの設置はinputタグの type=”range” 属性で可能です。

<input type="range">

イメージ

スライダーの最小値最大値初期値増分はそれぞれ、min, max, value, stepの属性を使って表します。

実際の利用例

<input type="range" min="1" max="100" value="1" step="1">

上記の表示イメージ

スライダーを設定しただけでは、値が表示されるわけではありません
スライダーを動かしてもスライダー位置は変化しますが、値が分かりません。
そこでJavaScriptの出番です。
JavaScriptを使うとスライダー値を取得し、値を表示することができます

サンプルコード

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
	<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
	<script src="main.js"></script>
	<title>スライダー値を表示する</title>
</head>
<body>
	<p>
		<input id="slider" type="range" min="0" max="100" value="50" step="5">
		<span id="sliderValue"></span>
	</p>
</body>
</html>

main.js

// スライダー値を取得する

let slider = null;
let sliderValue = null;

// スライダー値を取得して表示
const setValue = ()=> {
	const value = slider.value;
	sliderValue.textContent = value;
}

// 起動時の処理
window.addEventListener("load", ()=>{
	// スライダー、スライダー値DOM
	slider = document.getElementById("slider");
	sliderValue = document.getElementById("sliderValue");

	// スライドさせたときの処理
	slider.addEventListener("input", setValue);

	// スライダー初期値を表示
	setValue();
});

解説

スライダーとスライダー値を表示させるタグにはそれぞれidとして、slider, sliderValueをつけています。
スライダーは初期値50、0~100の範囲で5刻みで変化します。

<p>
	<input id="slider" type="range" min="0" max="100" value="50" step="5">
	<span id="sliderValue"></span>
</p>

起動時にスライダーとスライダー値を表示させるタグのDOM取得を行います。(変数slider, sliderValueを使用)

window.addEventListener("load", ()=>{
	// スライダー、スライダー値DOM
	slider = document.getElementById("slider");
	sliderValue = document.getElementById("sliderValue");
		:
		:

現在のスライダー値の取得はvalueプロパティで行います。
サンプルではスライダー値の取得と表示をsetValueというアロー関数式にしました。

const setValue = ()=> {
	const value = slider.value;		// スライダー値取得
	sliderValue.textContent = value;	// スライダー値を表示
}

スライダーを動かした時、リアルタイムに何か処理を行いたいときは、inputイベントを使用します。
スライダー値の取得と表示を行うsetValue関数をスライダーのinputイベントに設定します。

slider.addEventListener("input", setValue);

サンプルではスライダーの初期値を50とし、0~100の範囲で5刻みでスライドします。
inputタグの属性値を変更して色々と試してみてください。

<input type="range" min="1" max="100" value="1" step="1">

参考

- HTML: HyperText Markup Language | MDN
要素の range 型は、ユーザーに特定の値より小さくなく、別な特定の値より大きくない数値を指定させるために使用します。しかし、厳密な値が重要であるとはされません。これは通常、 number 入力型のようなテキスト入力ボックスではなく、スライダーやダイアルコントロールを用いて表現されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました