C言語の配列について最低限の知識

C言語初級カテゴリのロゴ画像C言語初級
スポンサーリンク
スポンサーリンク

配列についての簡単な説明とそのメリット

配列は変数である。
変数名に添え字(そえじ)と呼ばれる番号が振られ、その番号を元に変数を特定する。

配列のメリットは、数値や文字データの集まりをまとめて管理できること。
後述するループ処理と組み合わせて利用すると利用価値が高まる。

配列の宣言方法

例として整数int型の配列を宣言してみる

aという名前の配列を5つ分宣言する

int a[5];

配列への代入

添え字と呼ばれる数値を変数名の後に[]付きでつけているだけで、代入方法は基本的に変数と同じ。

a[0] = 10;
a[1] = 20;
a[2] = 30;
a[3] = 40;
a[4] = 50;

配列の添え字について

添え字は0から始まるため、int a[5]と5つ分宣言した場合、使える配列はa[0]~a[4]である。a[5]は使用できない

【配列への代入は宣言と同時にも可能】
上記の配列への代入を例にとり、配列の宣言と代入を同時に記述することもできる

int a[5] = {10, 20, 30, 40, 50};

配列の宣言と同時に代入を行う場合は、要素数(上記例であれば5)を省略することもできる

int a[] = {10, 20, 30, 40, 50};

サンプル1:配列に代入した数値を表示させてみる

		/*
			配列を使ったサンプル1
		*/

		#include <stdio.h>
		int main(void)
		{
			int a[] = {10, 20, 30, 40, 50};
			
			printf("a[0] = %d\n", a[0]);
			printf("a[1] = %d\n", a[1]);
			printf("a[2] = %d\n", a[2]);
			printf("a[3] = %d\n", a[3]);
			printf("a[4] = %d\n", a[4]);

			return 0;
		}

配列はループと組み合わせて利用すると威力を発揮する

添え字部分に定数ではなく、変数を用いた方が配列を扱いやすい。
その際、添え字部分に用いる変数のインクリメント(1ずつ加算)を忘れないようにする
以下のサンプルプログラムでその方法を示す。

サンプル2:ループを利用して配列に代入した数値を表示させてみる

		/*
			配列を使ったサンプル2
		*/

		#include <stdio.h>
		int main(void)
		{
			int a[] = {10, 20, 30, 40, 50};
			int i;		/* ループのカウンタ用及び配列の添え字用 */
			
			i = 0;
			while (i<5){
				printf("a[%d] = %d\n", i, a[i]);	/* a[i]と記述することでi=0のときa[0]と記述されたことと同じ意味となる */
				i++;
			}
			
			return 0;
		}

以上、C言語の配列について最低限の知識でした。

配列については、以下も併せてご覧ください。

C初級:配列を使うメリット
配列を使うメリット 配列は、1つのまとまった意味を持つ数値の扱いが得意 例えば10人分の身長を変数に代入して...
C初級:文字と文字配列
前回の数値配列に引き続き文字型を使った配列について扱います。 C言語では、半角1文字を格納できる変数型charを使って文字型配列すなわち文字列を表現します。
C初級:数値配列
変数を拡張した考え方として配列があります。 配列も変数です。通常の変数と違うのは添え字(そえじ)呼ばれる番号がついている点です。 以下は、5つの数値を配列に代入してその合計値を表示するサンプルです。
スポンサーリンク
C言語初級
スポンサーリンク
dennouをフォローする
電脳産物

コメント