Windows:AppDataやProgramDataフォルダを表示する

プログラミング関連
スポンサーリンク

Windowsには通常は見る事の出来ない特殊フォルダとしてAppDataフォルダやProgramDataフォルダがあります。これらは隠しファイルと呼ばれます。
Windows隠しファイルを表示させるにはエクスプローラの設定を変更します。

スポンサーリンク

Windowsの隠しファイルを表示させるための設定

エクスプローラを開きます。(下記例ではユーザーフォルダを開いています)

エクスプローラの表示タブから隠しファイルの項目にチェックを入れることで隠しファイルを表示できるようになります。

AppDataフォルダの場所

エクスプローラで

PC > ローカルディスク(C:) > ユーザー > 《ユーザー名のフォルダ》 とたどります。

ProgramDataの場所

PC > ローカルディスク(C:) とたどります。

隠しフォルダとは?

なぜ隠すか?
これらのファイルは別に悪いことをしている訳ではなく、目的はユーザに読み書きして欲しくないためです。

書かれている内容は、Windowsやアプリが起動したときに読み込む情報であったり、終了するときにユーザ設定を保存したりといったことがほとんどです。万が一ユーザに書き換えられたりしてしまうとアプリが起動しなくなったりWindowsが不安定になったりします。ですから隠しているのです。

でもソフト開発などをしているとこれらの隠しファイルやフォルダにアクセスする必要もでてきます。
一度のぞき込んでみると面白いです。

コメント