Unity:WebGL公開時のエラー「Unable to parse Build/xxxxx.framework.js.gz!」への対処法

Unity
スポンサーリンク
スポンサーリンク

結論

UnityのWebGLビルドデータをアップロードしたサーバに以下の .htaccess ファイルをアップすれば起動するようになります。(サーバがApacheの場合。その他のサーバの場合は、こちらを参照)

.htaccess

# This configuration file should be uploaded to the server as "<Application Folder>/Build/.htaccess"
# NOTE: "mod_mime" Apache module must be enabled for this configuration to work.
<IfModule mod_mime.c>

# The following lines are required for builds without decompression fallback, compressed with gzip
RemoveType .gz
AddEncoding gzip .gz
AddType application/octet-stream .data.gz
AddType application/wasm .wasm.gz
AddType application/javascript .js.gz
AddType application/octet-stream .symbols.json.gz

# The following lines are required for builds without decompression fallback, compressed with Brotli
RemoveType .br
RemoveLanguage .br
AddEncoding br .br
AddType application/octet-stream .data.br
AddType application/wasm .wasm.br
AddType application/javascript .js.br
AddType application/octet-stream .symbols.json.br

# The following line improves loading performance for uncompressed builds
AddType application/wasm .wasm

# Uncomment the following line to improve loading performance for gzip-compressed builds with decompression fallback
# AddEncoding gzip .unityweb

# Uncomment the following line to improve loading performance for brotli-compressed builds with decompression fallback
# AddEncoding br .unityweb

WebGLビルドを公開する際に必要なこと

Unity公式には以下の記述がある。
WebGL公開する際は必要らしい。

WebGL のビルドを展開するには、サーバーを設定し、正しいレスポンスヘッダーを使用していることを確認する必要があります。そうすると、ブラウザーが適切なレスポンスを受け取り、そのレスポンスを正しく処理できるようになります。

実際のエラーメッセージ

以下のように表示されプログラムが実行されない。

エラー文字列部分(注:青字はビルドしたときのプロダクト名)

Unable to parse Build/savestrawberry.framework.js.gz! This can happen if build compression was enabled but web server hosting the content was misconfigured to not serve the file with HTTP Response Header "Content-Encoding: gzip" present. Check browser Console and Devtools Network tab to debug.

WebGLビルドデータを公開する際のフォルダ内イメージ

Windowsでは .htaccess という名称でファイル作成できないため、実際には htaccess.txt などという名称で作成しておき、アップロード後に .htaccess名前変更する形になる。

参考文献

Unity公式ドキュメントに詳しく記述がある。

Compressed builds and server configuration - Unity マニュアル
WebGL のビルドを展開するには、サーバーを設定し、正しいレスポンスヘッダーを使用していることを確認する必要があります。そうすると、ブラウザーが適切なレスポンスを受け取り、そのレスポンスを正しく処理できるようになります。

サーバ設定サンプル集

Server configuration code samples - Unity マニュアル
The code samples below show how to configure your server when working with WebGL. The following samples apply to Nginx, Apache, and IIS servers. For further inf...

コメント

タイトルとURLをコピーしました