WebGL

スポンサーリンク
Unity

Unity:WebGL公開時のエラー「Unable to parse Build/xxxxx.framework.js.gz!」への対処法

結論 アップロードしたサーバに以下の .htaccess ファイルをアップすれば起動するようになります。
Unity

Unity:WebGLビルド「Out of memory…」で起動できない時の対処

これはシンプルな対処法ですが、割と現実的です。 WebGLビルドで作成されたフォルダ内にあるJSONファイルのメモリサイズ項目を書き換えるだけです。
Unity

Unity:WebGLでBuildボタンが押せない「In order to build a player,go to ‘Player Settings…’ to resolve the incompatibility between the Color Space and the current settings.」エラーの対処

わたしの場合、エクスポートしたVroidモデルをインポートして作ったUnityプロジェクトをWebGLビルドしようとした際、この警告が表示されてBuildできませんでした。
Unity

Unity:WebGLビルドしたゲームをGoogleドライブで公開する

Googleドライブとの連携サービスを使うと比較的容量の大きいUnityのゲームなども簡単にURLを取得して公開できます。Gmailを使っている人なら誰でもサイト公開ができるということです。
Unity

Unity:作ったゲームをWebGLビルドで公開する

自分で作ったゲームを気軽に公開できると楽しいですよね。Unityで作ったゲームをWebGL形式でビルドしてブラウザ上で遊べるゲームを公開するまでの手順を紹介します。
Unity

WebGLビルドでUnityEditor.BuildPlayerWindow+BuildMethodExceptionが表示される理由

Unityのプロジェクト名が日本語などの全角文字になっている場合、エラーが表示されビルド出来ない。 その際は、プロジェクトフォルダ名を半角英数文字に変更して開けばビルドできる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました