Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更Unity
スポンサーリンク

Unityを使って3DオブジェクトのCubeやSphereを最初のうちは適当に作って…などとやっているとオブジェクトの色を変えたくなってきます。(デフォルトの色って白っぽくてつまらないですよね!)

この記事では、Unity特有のマテリアル(Material)を使ったオブジェクトの色変更について解説します。

スポンサーリンク

準備

まずはプロジェクトを起動します。

色変更する対象がないと分かりませんので、Cubeを1つシーンに登場させてください。
Create > 3D Object > Cube をクリックします。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

適当に見やすい大きさにマウスのスクロールボタンでズームしておいてください。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

マテリアルを新規作成する

下のAssetファイルが表示されている部分の何もない箇所を右クリックします。
右クリックメニューから
Create > Material
を選択します。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

マテリアルが作成されます。
適当に名前を変更して下さい。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

この記事では、緑色のCubeに変更するので、「green」としておきました。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

作成したマテリアル(green)のInspectorウィンドウにはマテリアルの色々な情報が表示されています。
Main Mapsと書いてある下の白い部分をクリックします。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

Colorウィンドウが表示されます。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

適当に色を選択してからColorウィンドウを閉じてください。(今回は、緑色っぽい色にします)
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

Inspectorウィンドウの球体が変更した色に変化します。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

オブジェクト(Cube)にマテリアルを設定する

Assetウインドウにあるマテリアル(green)をCubeにドラッグ&ドロップします。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

瞬時に色が変わります。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

CubeのInspectorウィンドウのMesh Renderer項目を見て下さい。
Materialsの部分が、今回設定したgreenになっているはずです。(ちなみに先ほどドラッグ&ドロップで設定したマテリアルは、このMesh Renderer>Materialsを変更しても同じです)
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

マテリアルをデフォルトに戻す

1度設定したマテリアルを元に戻したい場合もあります。
マテリアルはコンポーネントの削除からは出来ません。(やってしまいがち)
実はマテリアルは、Mesh RendererのMaterials項目に設定されています。

変更したいオブジェクトを選択し、InspectorウィンドウのMesh Renderer > Materials◎部分をクリックして下さい。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

Select Materialウィンドウが表示されます。
Default-Materialをダブルクリックして選択します。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

オブジェクトの色が元に戻っているはずです。
Unity:最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更

以上、Unityで最低限憶えておきたいマテリアルでの色変更でした。
色々なマテリアルを作ってカラフルなUnityライフを送りましょう!

コメント