イベント処理

スポンサーリンク
JavaScript

JS:貼り付け(ペースト)イベントに対応する

JavaScriptで貼り付け(ペースト)イベントに対応させるには、pasteイベントを利用します。貼り付け後の文字列参照したいときはsetTimeout関数と組み合わせ文字列取得タイミングを遅らせる必要があります。もちろんキーボードとマウス右クリック両方のイベントに対応します。
JavaScript

JS:JavaScriptでスワイプ処理をする

ライブラリを使わずにJavaScript単体でスマホなどのスワイプ処理を実現する方法です。
JavaScript

JS:端末の傾きに応じてボールを動かす

この記事ではJavaScriptから加速度センサーを利用する例として、スマートフォンやタブレットなどの端末の傾きに応じて画面上のボールを動かす処理のコード例を示します。
JavaScript

JS:JavaScriptでスマートフォンの傾きを検出する

JavaScriptを使うとスマートフォンやタブレットの傾きを検出できます。この記事では、deviceorientationイベントを使って加速度センサーの値をブラウザ上に表示させてみます。
JavaScript

JS:イベント処理について

JavaScriptを使うとブラウザ上の様々なイベント処理に対応したプログラムを作成できます。 記述方法は、大きく分けて2種類あります。
スポンサーリンク