Python:10行でQRコード画像を生成する

Python:10行でQRコード画像を生成する10行以内のプログラム
スポンサーリンク

今回の10行プログラムは、Pythonです。(正確には、9行です!Python凄いですね)
Pythonを使ってキーボードから入力した文字列をQRコード画像にして保存します。

ちなみに、情報処理の世界では最近日本の肩身が狭い気がしますが、QRコードは日本のデンソーという会社が開発した技術だということをご存じですか?今や世界中で使われていますね。
QRコードとは? – 株式会社デンソーウェーブ のページ
スポンサーリンク

事前準備

事前に画像処理ライブラリ(pillow)とQRコード生成ライブラリ(qrcode)のインストールが必要です。

pip install pillow qrcode

または

pip3 install pillow qrcode

10行プログラム

プログラム:makeQRcode.py

実行イメージ(コンソール実行)

QRコードに変換したい文字列を入力してください:
お前はまだ生きている ←文字列入力
「D:\Dropbox\Python\qr_code.png」にQRコード画像を保存しました

qr_code.pngという画像ファイル名で実行したフォルダに画像が生成されます。

解説
キーボードからの入力はinput関数で行います。

qr_string = input()

qrcodeライブラリのmakeメソッドで画像データの生成を行います
基本的な使い方は、

img = qrcode.make(“hoge”);

のように文字列を引数として使います。引数に指定した文字列が実際にQRコードで読み取れる情報となります。

img = qrcode.make(qr_string)

最後に生成したQRコード画像データを画像ファイルとして書き出します。(モジュール:pillow を使っています)

img.save(file_name)

参考URL

今回使用したモジュールqrcodeとpillowの使い方は以下を参考にしました。

qrcode
python-qrcode – Python QRコードイメージジェネレータ

pillow
Pythonの画像処理ライブラリPillow(PIL)の使い方

コメント