JavaScript:GPS情報を取得する

JavaScript
スポンサーリンク

GPS情報の緯度と経度を取得するJavaScriptサンプルです。

スポンサーリンク

実行イメージ

GPS情報を取得するボタンをクリックします。

ブラウザに現在地の認識のメッセージが表示されます。
許可を選択します。

位置情報の取得に成功すると、緯度経度が表示されます。

Wifi接続のパソコンだと緯度と経度情報は、正確ではないかもしれません。(パソコン端末には一般的にGPS装置が搭載されていない為)
プログラムをアップロードして、お使いのスマートフォン端末で確認すると正確なGPS情報を得る事ができます。

ソースコード

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <link rel="stylesheet" href="style.css">
    <script src="main.js"></script>
    <title>GPS情報を取得</title>
</head>
<body>
	<main>
		<p id="gpsInfo">???</p>
		<button id="btnGpsCheck">GPS情報を取得する</button>
	</main>
</body>
</html>

style.css

/* style.css */
@charset "utf-8";

*{
    margin: 0;
    padding: 0;
}

body{
    display: grid;
    grid-template-columns: 100vw;   /* ビューポート幅最大 */
    grid-template-rows: 100vh;      /* ビューポート高さ最大 */
    font-size: 24pt;
}

main{
    justify-self: center;   /* 横方向中央揃え */
    align-self: center;     /* 縦方向中央揃え */
}

main button{
    padding: 0.5em;
    font-size: 24pt;
}

main.js

// ---------------------------------------------------------------------------------------
// main.js: GPS情報を取得して緯度と経度を表示する
// ---------------------------------------------------------------------------------------

/*
 * グローバル変数
 */
// 表示箇所とGPSチェックボタン
let gpsInfo, btnGpsCheck;

// GPS用
let WP;		// 位置情報取得識別ID
let lat;	// 緯度
let lon;	// 経度

/*
 * 位置情報の取得に成功した場合(geolocation用関数)
 */
function SccCB(position){
	// 緯度の取得
	lat = position.coords.latitude;
	// 経度の取得
	lon = position.coords.longitude;
	// 位置情報取得を終了
	stopWP();
	// 緯度・経度表示
	alert("位置情報を更新しました");
	showGPS();
}

/*
 * 位置情報の取得に失敗した場合(geolocation用関数)
 */
function ErrCB(error){
	alert("位置情報を取得できませんでした");
}

/*
 * 位置情報の監視を停止(geolocation用関数)
 */
function stopWP(error){
	navigator.geolocation.clearWatch(WP);
}

/*
 * 位置情報を更新(geolocation用関数)
 */
function updateWP(error){
	stopWP();
	// 端末の位置情報を継続的に取得する(navigator.geolocation.watchPosition)
	WP = navigator.geolocation.watchPosition(SccCB, ErrCB, {enableHighAccuracy: true});
}

/*
 * GPS情報を整形して表示
 */
function showGPS(){
	let value = "緯度は" + lat + "<br>";
	value += "経度は" + lon;

	gpsInfo.innerHTML = value;
}

/*
 * 起動時の処理
 */
window.addEventListener("load", ()=>{
	// DOM取得
	gpsInfo = document.getElementById("gpsInfo");
	btnGpsCheck = document.getElementById("btnGpsCheck");

	// GPSチェックボタンイベント
	btnGpsCheck.addEventListener("click", updateWP);
	
});

ソースコード補足

このサンプルでは、GPS情報の取得にwatchPosition() メソッドを利用していますが、GPS情報の取得は、getCurrentPosition()でも可能です。

違いは、watchPosition()メソッドが継続的にGPS情報を取得するのに対し、getCurrentPosition()メソッドは、一度きりです。
watchPosition()ではその特性を利用して移動速度の取得も可能です。ただし、端末の電池消耗は当然watchPositon()メソッドの方が大きくなります。

参考

位置情報 API - Web API | MDN
位置情報 API (Geolocation API) を使用すると、ユーザーが望む場合に、自分の位置情報をウェブアプリケーションに提供することができます。プライバシー上の理由から、ユーザーは位置情報を報告する許可を求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました