JavaScriptラーメンタイマーを作る

JavaScript
スポンサーリンク

JavaScriptのsetTimeout関数を使って3分後にラーメンが出来たことを知らせるラーメンタイマーを作ってみます。

イメージ

起動時のイメージ
3分後のイメージ
スポンサーリンク

素材

今回、300×300ピクセルの同サイズの2つの画像ファイルを準備しました。(ちなみに 名前をつけて保存 できますが、もっと上手な絵を描いてみてください)

ソースコード

index.html

<!DOCTYPE html>
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<meta name="viewport" content="width=device-width,user-scalable=yes">
	<title>ラーメンタイマー</title>
	<link rel="stylesheet" href="style.css">
	<script src="main.js" type="text/javascript"></script>
</head>
<body>
	<header>
		<h1>ラーメンタイマー</h1>
	</header>
	
	<div id="contents">
		<div id="txtMessage">お湯入れたかい?</div>
		<div class="img"><img src="donburi.png" id="imgRamen" width="300" height="300" alt="どんぶりの画像"></div>
		<div><input type="button" id="btnStart" value="スタート"></div>

	</div>

	<footer><small>&copy; 2022 <a href="https://dianxnao.com/" target="_blank">dianxnao.com</a></small></footer>
</body>
</html>

style.css

@charset "utf-8";

*{
	margin: 0;
	padding: 0;
}
body{
	-webkit-text-size-adjust: none;	/* iPhoneのSafariで左上が拡大されて表示される場合の対処 */
	font-family: 'メイリオ', Helvetica;
	font-size: 16pt;
	width: 100%;
	margin: 0 auto;
}
header{
	padding: 1em;
	background-color: steelblue;
}
header h1{
	font-size: 24pt;
	text-align: center;
	color: white;
}
#contents{
	padding: 1em 0;
	background-color: white;
	text-align: center;
	color: steelblue;
}

footer{
	padding: 1em;
	text-align: center;
	color: steelblue;
}

a{
	text-decoration: none;
	color: steelblue;
}

input[type="button"]{
	font-size: 24pt;
	padding: 0.2em 0.5em;
}

main.js

/*
 * ラーメンタイマー
 */

let btnStart;		// スタートボタン
let txtMessage; 	// メッセージ部分
let imgRamen;		// 画像表示部分

const RAMEN_TIMER = 3;	// ラーメンタイマーの時間(分)

const START_MESSAGE = 'お湯入れたかい?';	// メッセージ
const WAIT_MESSAGE = 'ラーメン待機中...';
const END_MESSAGE = 'できたよ!!';

const START_IMAGE = 'donburi.png';		// ラーメン画像
const END_IMAGE = 'ramen.png';

// ラーメンタイマー関数
function startTimer(){
	btnStart.disabled = 'true';		// ボタンを押せなくする
	imgRamen.src = START_IMAGE;		// どんぶりの画像
	txtMessage.textContent = WAIT_MESSAGE;	// 待機中メッセージ

	// ラーメンができたとき
	setTimeout(()=>{
		imgRamen.src = END_IMAGE;	// ラーメンの画像
		txtMessage.textContent = END_MESSAGE;	// 出来たメッセージ
		alert(END_MESSAGE);			// アラートで知らせる
		btnStart.disabled = '';		// ボタンを押せるようにする
	}, RAMEN_TIMER * 60 * 1000);
}

// 起動時の処理
window.addEventListener('load', function(){
	// DOM取得
	btnStart = document.getElementById('btnStart');
	txtMessage = document.getElementById('txtMessage');
	imgRamen = document.getElementById('imgRamen');

	// ボタンイベント設定
	btnStart.addEventListener('click', startTimer, false);
});

解説

本サンプルを理解するには、setTimeoutによるタイマーイベントについて理解していることが前提です。

imgタグに指定した画像の切り替えはsrc属性をJavaScriptから操作することで実現できます。

参考

ボタンを押した時、startTimer関数を実行するようイベント設定しています。

// ボタンイベント設定
btnStart.addEventListener('click', startTimer, false);

startTimer関数では、ボタンのdisabled属性の値を ‘true’ にすることでボタンを押せなくする設定にしています。(visibleとは違いdisabledではボタンは薄く表示されます)

btnStart.disabled = 'true';		// ボタンを押せなくする

ちなみにボタンを押せるようにするには、’false’ではなく空文字列とします。

btnStart.disabled = '';			// ボタンを押せるようにする

setTimer関数の最後にsetTimeout関数の処理を持ってくることで3分後(3000ミリ秒後)に画像の切り替えをします。

// ラーメンができたとき
setTimeout(()=>{
	imgRamen.src = END_IMAGE;	// ラーメンの画像
	txtMessage.textContent = END_MESSAGE;	// 出来たメッセージ
	alert(END_MESSAGE);			// アラートで知らせる
	btnStart.disabled = '';		// ボタンを押せるようにする
}, RAMEN_TIMER * 60 * 1000);

コメント

タイトルとURLをコピーしました