C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更するC#
スポンサーリンク

この記事では、プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ターゲット変更が予想される例

Visual Studioで作成したプロジェクトを別のパソコンに移して開こうとして、「プロジェクトのターゲットフレームワークがインストールされていません」というメッセージが表示される場合があります。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

とりあえず、現状を維持しておくのがベストなので、一番下の「プロジェクトをロードしない」を選択してOKボタンをクリックします。(当然、プロジェクトはロードされません)
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

このメッセージの原因は、プロジェクトを作成した時の.NET Frameworkのバージョンと現在のパソコンにインストールされている.NET Frameworkのバージョンが異なるためです。

以下対処方法です。

まずは現在のパソコンにインストールされている.Net Frameworkのバージョンを確認

スタートボタン > 設定 をクリックします。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

アプリと機能を選択します。(アプリの一覧が読み込まれるまで少し時間が掛かると思います)
Microsoft .NET Framework X.X.X~」(X.X.Xは数字)という項目を探してください。
その数値部分を覚えておきます。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

一旦Visual Studioを終了します。

上記画像であれば、4.5.2が.NET Frameworkのバージョンです。
ちなみに複数の.NET Frameworkのバージョンがインストールされている環境もあるかと思います。その場合は、一番下のバージョンで試すのがベストかと思います。

プロジェクトの設定ファイル(.csproj)を書き換え

次にプロジェクトフォルダに移動してエラーが起きたプロジェクトのフォルダを開きます。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

デフォルトでは、

ドキュメントフォルダ > Visual Studio 2017 > Projects

がプロジェクトの保存場所です。(Visual Studio 2017の場合)

プロジェクト名のフォルダを開くと拡張子sln(ソリューションファイル)とプロジェクト名と同名のフォルダが存在しているはずです。
プロジェクト名と同名のフォルダを開きます。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

次にプロジェクト設定を記述した(~.csproj)ファイルをエディタで開きます。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

TargetFrameworkVersionという項目を探します。
vのあとのX.X.Xの部分がバージョンです。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

先ほど覚えておいたバージョンの数値に置き換えて上書き保存します。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

再びプロジェクトを開いてみます。
C#:プロジェクトの.NET Frameworkターゲットを変更する

何事もなく開きました!

ただし、バージョンをダウングレードして開く場合は、注意が必要です。
新しいバージョンにしかない機能を利用している場合は、開いても動作しないこともあります。

コメント