YouTube動画にアーティストの曲をBGM挿入するとどうなるのか?

サイト公開
スポンサーリンク

最近では著作権者(著作権を持つ個人や団体)がYouTubeと提携していることが多いです。
著作権者が楽曲などの使用を許可している場合は、著作権違反とはならず、動画のコメント欄などに著作権者の情報が自動的に表示されるようになります。またアップした動画で収益をあげることは出来なくなります。

スポンサーリンク

実際の例

具体例で説明します。以下の動画を作りました。

この動画で流れている曲は、以下のヨルシカ公式サイトの「ただ君に晴れ」という曲です。

ヨルシカ / n-buna Official
ヨルシカ / n-buna official channel

この動画をアップロード後、公開する前にこのようにチェックと表示されました。
チェックの部分をクリックしてみます。

著作権の項目に「著作権の申し立てが見つかりました。著作権者は申し立てが行われたコンテンツの使用を許可しているため、この動画に広告を掲載します。」とあります。
これは使用することに問題はない事を意味しています。詳細を表示のリンクをクリックします。

この動画の Content ID に関する申し立てはチャンネルのステータスに影響しません。これは著作権侵害の警告ではありません。」と表示されていれば動画公開に問題ありません
ただし、この動画を利用しての収益化はできません。(あくまで動画単位です!他の動画での収益化は大丈夫です)

このページをスクロールすると著作権者の情報使用楽曲動画のどの範囲が対象かが分かります。

動画を再生した際のコメント欄がこうなる

著作権者から申し立てがあった動画は、ユーザが再生するときに閲覧できるコメント欄に自動的に著作権者の情報が付加されて表示されることになります。

YouTube Premium で広告なしの音楽を楽しみましょう

とたまに見るあれです。

収益化ができないことで不利を被る人はわたしを含め多くはないでしょう。
チャンネル登録が1000人を超えないと収益化(YouTubeを使って儲けること)が出来ないですし…
そんなわけで個人が2次創作をしやすくなったといえます。

コメント

  1. 真道 勉 より:

    こんにちは。動画作成しています。質問ですが、どうも良く解らないのですが、

    「著作権で保護されているコンテンツが見つかりました。著作権者は YouTube でのコンテンツの使用を許可しています」

    というコメントの意味は、著作権が絡んでいても、楽曲は動画で使用しても構わない、即ち、著作権侵害に当たらないのでしょうか?但し、収益化は出来ないのですね!?

    • dennou より:

      真道さん、こんにちは。管理人です。
      おっしゃる通りです。
      楽曲は動画で使用しても構わないが、収益化は出来ません。
      わたしも最初に見た時は少々ビビりました。
      動画を公開するだけなら全く問題ないです。

      • 真道 勉 より:

        こんにちは。早速、返信いただきありがとうございます。しかし、2年程前に、キングレコードが著作権保持者の楽曲を使ったら、システムダウン(ハードディスクを破壊)させられた事があり、大丈夫かなと思っています。システムダウン(ハードディスクを破壊)は、タイミング的にぴったりでしたので。その時、ユーチューブにアップしたら、「キングレコードの著作権が・・・」というメッセージが出て、動画が視聴出来ないというメールを、友人から受け取った事が有ります。ユーチューブからのメールも、楽曲を使用していいのか悪いのか、解らないような、微妙な表現のメールが届きまして、どう対応していいのか解かりません。今は、非公開にしたり楽曲を変えたり、ミュート、削除したりで対応しています。本当に解りにくいですね。

        • dennou より:

          なるほどそうした実例があったんですね。
          著作権まわりは、日本と海外とでも「違い」がありますしね。
          YouTubeがアメリカ発祥ということを考えるとまるまるメッセージの日本語訳を信じないほうがいいのかもしれませんね。
          勉強になりました。

  2. こんにちは名無しのごんべいです。1つききたいのですが歌った曲の動画を公開したときに著作権の表示が出たのですがこれは警告なか何なのかよく分かりません。私は別に利益を求めたいわけでは有りません。皆に見てほしいだけです。対象方法を教えて下さい。もし警告なので有れば消したいと思います。返事をお待ちしています。

    • dennou より:

      こんばんは、名無しのごんべい さん。管理人です。
      わたしの知る範囲でお答えします。

      基本的にどんな曲にも著作権があります。
      その著作権者が他の人に対して「YouTubeでも使っていいよ」と許可していればYouTubeでの公開も可能です。
      曲の1部でも公開する動画に含まれていれば、YouTubeの動画公開時に警告として表示されるようになっています。
      公開できるかどうかは警告のメッセージにもよります。

      例えば

      この動画の Content ID に関する申し立てはチャンネルのステータスに影響しません。これは著作権侵害の警告ではありません。

      との警告の場合、問題なく公開できます。

      一度警告の文面を確認してみることをおすすめします。

  3. 匿名 より:

    著作権の楽曲を使用したかったのですが侵害が心配で皆どうやってアップロードしているのか分かりませんでしたが、これでスッキリしました。ありがとうございます!

    • dennou より:

      それは良かったです。
      わたしもYouTubeに著作権のある楽曲がガンガンアップロードされているのは同じく疑問でした。
      自分でやってみて分かりました。

  4. 西岡直人 より:

    この動画の Content ID に関する申し立てはチャンネルのステータスに影響しません。これは著作権侵害の警告ではありません。
    とでましたが公開には影響がないものの収益化は難しいとのこと。今はまだまだ登録1,000人にはほど遠いとはいえ有料で購入したのですしアップした動画一覧でここだけこんな表示は気持ち悪いです。
    なんとかこの表示を消せませんか?

    • dennou より:

      西岡直人さん、こんばんは。
      残念ながら現在のYouTubeの仕様では日本語でそのような表示がされてしまうようです。消すことは出来ません。(確かに気分のいいメッセージではありませんが…)
      また、仮に現在メッセージが出ていない公開動画でも、著作権者の意向により将来的にメッセージが出てくる可能性もあります。

  5. 質問者 より:

    JASRAC管理楽曲を含む動画をyoutubeにアップロードすることは可能なようですが、それは動画で使用する音源が、『自ら演奏または製作したものである場合』であって、『市販のCDやダウンロードした音源を利用する場合、著作権とは別に、著作隣接権(音源製作者やアーティストの権利)の許諾を得る必要がある』ように思えるのですがこれについても大丈夫なのでしょうか?

    https://www.jasrac.or.jp/news/20/interactive.html
    https://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/movie.html

    • dennou より:

      こんにちは。管理人です。

      >『市販のCDやダウンロードした音源を利用する場合、著作権とは別に、著作隣接権(音源製作者やアーティストの権利)の許諾を得る必要がある』

      これはその通りかと思います。

      ただYouTube側で「この動画の Content ID に関する申し立てはチャンネルのステータスに影響しません。これは著作権侵害の警告ではありません。」と表示されて動画が公開出来る場合、アーティスト含む著作権者側がYouTubeへのCDやダウンロード音源の利用を許可しているのだと思います。

      そうした楽曲は、こんな感じで著作権者やアーティスト名が入った広告がコメント欄に入ります。
      YouTubeのコメント広告欄

      これは将来著作権者やアーティスト側が利用を禁止すれば変わってくるよ、ということだとわたしは解釈しています。

タイトルとURLをコピーしました