YouTube動画にアーティストの曲をBGM挿入するとどうなるのか?

サイト公開
スポンサーリンク

最近では著作権者(著作権を持つ個人や団体)がYouTubeと提携していることが多いです。
著作権者が楽曲などの使用を許可している場合は、著作権違反とはならず、動画のコメント欄などに著作権者の情報が自動的に表示されるようになります。またアップした動画で収益をあげることは出来なくなります。

スポンサーリンク

実際の例

具体例で説明します。以下の動画を作りました。

この動画で流れている曲は、以下のヨルシカ公式サイトの「ただ君に晴れ」という曲です。

ヨルシカ / n-buna Official
ヨルシカ / n-buna official channel

この動画をアップロード後、公開する前にこのようにチェックと表示されました。
チェックの部分をクリックしてみます。

著作権の項目に「著作権の申し立てが見つかりました。著作権者は申し立てが行われたコンテンツの使用を許可しているため、この動画に広告を掲載します。」とあります。
これは使用することに問題はない事を意味しています。詳細を表示のリンクをクリックします。

この動画の Content ID に関する申し立てはチャンネルのステータスに影響しません。これは著作権侵害の警告ではありません。」と表示されていれば動画公開に問題ありません
ただし、この動画を利用しての収益化はできません

このページをスクロールすると著作権者の情報使用楽曲動画のどの範囲が対象かが分かります。

動画を再生した際のコメント欄がこうなる

著作権者から申し立てがあった動画は、ユーザが再生するときに閲覧できるコメント欄に自動的に著作権者の情報が付加されて表示されることになります。

YouTube Premium で広告なしの音楽を楽しみましょう

とたまに見るあれです。

収益化ができないことで不利を被る人はわたしを含め多くはないでしょう。
チャンネル登録が1000人を超えないと収益化(YouTubeを使って儲けること)が出来ないですし…
そんなわけで個人が2次創作をしやすくなったといえます。

スポンサーリンク
サイト公開
スポンサーリンク
dennouをフォローする
電脳産物

コメント