Unity:Hold on…(busy for xxx)Impoting assetsの小さなウインドウが消えない場合

Unity
スポンサーリンク

Unity2020.3.33f1を使っていますが、Hold on…(busy for xxx)Impoting assets の小さなウインドウがいつまで経っても消えないことが度々あります。

対処方法は、以下の通りです。

スポンサーリンク

Unity Editorの設定変更

Edit > Preferences… を開きます。

Compress Assets on Import のチェックを外します。

この操作はUnity全体の設定なので、1度きりで大丈夫です。

プロジェクトフォルダをリビルドさせる

Unity Editorで開いている該当のプロジェクトを一旦閉じます。シーン未保存の場合は上書き保存を忘れないでください。
Visual Studio等のエディタを開いている場合はそちらも閉じて下さい。

プロジェクトフォルダをエクスプローラで開き、Assets, Packages, ProjectSettings以外のフォルダやファイルを全て消去します。(ちょっと恐い気もしますが、あとで復活します)

再度、該当のプロジェクトを開きます。

プロジェクトに必要なファイルやフォルダが再構築(リビルド)されるので、起動に少し時間が掛かります

開いた状態では、シーンが Untitledとなって何も表示されていないので焦りますが、シーンファイルは保存してあればちゃんと残っているはずです。

再起動後のイメージ(Untitledシーンが表示される)

保存されているシーンファイルをダブルクリックすれば元の状態に戻ります。

これで「Hold on… 」のメッセージウインドウがいつまでも消えない現象から解放されます。

かなり面倒ですね。
しかもこの削除操作は、該当のプロジェクトフォルダ毎に必要となるので煩わしいことこの上ないです!
ただ現状は、「Hold on… 」がいつまでも消えない対処としてのベストとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました