Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

Python
スポンサーリンク

Python3を公式サイトからダウンロードして使うまでを解説します。OSはWindowsを想定していますが、基本はダウンロード時に他のOSを選択すれば手順は一緒です。

ダウンロードしてから使えるようになるまでの時間:約4分

スポンサーリンク

Pythonのダウンロード

Pythonのダウンロードは以下の公式サイトから行います。早速アクセスしてみてください。

Python.org

こんなページが表示されます。
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

Downloadsというボタンの上にマウスポインタをのせるとメニューが表示されます。Windowsの部分をクリックします。
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

Python Releases for Windowsと表示され、小さな文字でLatest Python3~と記述された箇所があります。最後の数値がPythonの最新バージョンを表します。本記事執筆時点では、Python 3.8.2となっていました。左側にStable Releasesとあるのが安定バージョン(こちらを推奨)になります。今回はStable Releasesのファイルをダウンロードしていきます。

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

ちなみに右側のPre-releases評価版といって安定バージョンよりバージョンの数値が高くなっています。評価版は、Pythonの新しい機能を試したりしたい人向けのバージョンです。新しい機能などは、一定の期間評価を受けてからでないと安定版として正式リリースしない事が多いため、こうしたものが存在します。

画面を少しスクロールして最新バージョン(執筆時点では3.8.2でした)Download Windows x86-64 executable installerという項目をクリックしてダウンロードしてください。(似たような名前でDownload Windows x86 executable installerとありますが、こちらは32ビットバージョンです。お使いのパソコンが32ビットCPUの場合はこちらを選択してください。最近のパソコンはほとんど64ビットなので32ビット版を選択する必要なないかと思います)

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

クリックするとダウンロードが始まります。(Chromeだとブラウザの左下にダウンロードファイル名が表示されます)
ダウンロード終了後、フォルダを開くを選択してください。
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

こんな感じのファイルがダウンロードされます。(大アイコンで表示した場合)

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

公式サイトだからと言って安心するのは良くないので、右クリックしてウイルスチェックしましょう。(画像はWindows標準添付のWindows Defenderでウイルスチェックする場合)
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

ウイルスが見つからなければ晴れてインストールとなります。
次に進みましょう。

Pythonのインストール

Pythonのインストーラはデフォルトの設定でほぼ問題なく使えるようになります。
まずはダウンロードしたアイコンをダブルクリックします。

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

通常、画面が暗転して「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」と聞いてくるので「はい」を選択するとインストール画面が表示されます。

以下に示すようにPythonにパスを通す部分にチェックを入れて下さい。(下の画像では、Add Python 3.8 to PATHの部分。ただし3.8の箇所はバージョンによって変わります)

チェックをいれたら、Install Nowのボタンをクリックしてインストールを開始します。

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

インストール中の画面。

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

インストールが終了するとCloseボタンが表示されるのでクリック
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

以上でPython3のインストールは完了です。

Pythonの動作確認

簡単なPythonプログラムを実行して、動作確認をしてみます。

スタート > Python 3.8(3.8はバージョン名なので変わる場合あり)

とたどるとIDLE~となっているアイコンがあります。(画像ではIDLE (Python 3.8 64bit)となっている部分)これがPythonに標準添付しているプログラミング実行環境となります。これ何と読むのでしょうか?個人的にはIDLEをアイドルと読んでいますが…

とりあえずIDLE~クリックしてみましょう。
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

IDLEが起動します。
こんな画面です。
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

>>>と表示されてカーソルが点滅しています。これはユーザ(つまりあなた)からの指示待ちを表しています。

最初のPythonプログラムとして以下を入力してみます。

print("Hello, Python!")

プログラム入力後Enterキーを押してください。
先ほど”(ダブルクォーテーション)でくくった文字列が同じ画面に表示されます。

Hello, Python!

実際のイメージ
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)
printはよく使うPython命令の1つでディスプレイに表示する機能をもちます。(正式にはprint関数と呼ばれます)

ちょっとした計算もこのIDLEは得意です。

>>>の後に 1+1 と入力してEnterキーを押してください。

2

と表示されます。引き算は-(ハイフン)、掛け算は*(アスタリスク)、割り算は/(スラッシュ)でそれぞれ計算することができます。
わたしは時々、パソコンでちょっとした計算をしたいときにこの機能を利用しています。

Pythonではどちらかと言うとプログラムという言い方よりスクリプトという言い回しが好まれるようです。
ですから本ブログでも以降Pythonスクリプトと称します。

コマンドプロンプトからPythonを実行する

WindowsコマンドプロンプトからもPythonのIDLEを実行することが出来ます。(インストール時のパス設定にチェックをつけているので、これが可能です)

Windowsキー + Rキー で「ファイル名を指定して実行」ウインドウを呼び出します。

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

ファイル名を指定して実行

テキストボックスに「cmd」と半角で入力してOKをクリックします。
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

コマンドプロンプトが起動し、カーソルが点滅します。
python」と入力してEnterキーを押します。

Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

IDLEが起動します。
使い勝手は先ほどと同様です。(画像は1+1の計算をした場合)
Python:Python3をインストールして使うまで(Windows編)

以上、Python3を公式サイトからダウンロードして使うまででした。

準備は整いました。
ここからがプログラミングです。お互い頑張りましょう!

コメント