Python:pipを利用した時、WARNINGが出て気になる場合の対処

Python
スポンサーリンク

Pythonで必要なライブラリをインストールしようとしたとき、インストールは成功するのですが、最後にこんな感じで警告が表示される時があります。

実際の画像(pip listでインストールされたライブラリを表示したときのメッセージ)

警告文の部分。

WARNING: You are using pip version 19.2.3, however version 20.1.1 is available.
You should consider upgrading via the ‘python -m pip install –upgrade pip‘ command.

メッセージの意味は、

あなたのpipのバージョンが古いよ。新しいのあるからアップグレードしたら?

と言っているかどうか分かりませんが、まあそういった趣旨のメッセージです。

ここは素直に表示されたコマンド(上記下線部分)をターミナルあるいはコマンドプロンプトなどで打ち込んで実行しましょう。

python -m pip install --upgrade pip

実際にpipをアップグレードした時の表示イメージ

成功すると、

Uninstalling pip-XX.X.X:
Successfully uninstalled pip-XX.X.X
Successfully installed pip-XX.X.X

などと成功した際のメッセージが出力されるはずです。(XX.X.Xはバージョン)

以上、Python:pipを利用した時、WARNINGが出て気になる場合の対処でした。

スポンサーリンク
Python
スポンサーリンク
dennouをフォローする
電脳産物

コメント