スポンサーリンク
Unity

Vroidで作ったモデルをUnityに取り込んで動かす手順

Vroid Studioで作成した3DモデルをUnityで簡単に動かしたい人向けの記事です。 現時点(2021年10月)では、Unity 2019.4以上でこの機能を利用できます。
Unity

Unity:WebGLビルドしたゲームをGoogleドライブで公開する

Googleドライブとの連携サービスを使うと比較的容量の大きいUnityのゲームなども簡単にURLを取得して公開できます。Gmailを使っている人なら誰でもサイト公開ができるということです。
Unity

Unity:PlayClipAtPointで音量が小さく感じるとき(最大音量で鳴らしたい)

Unityでの音源再生命令PlayClipAtPointは、1行で音源の再生と削除までやってくれる便利な命令ですが、音量を最大で鳴らしたい場合は、思うようにいかないことがあります。
Unity

Unity2D:指定した角度とスピードで物体を移動させる

45度、90度などといった角度と、速度をそれぞれ指定すればその方向に弾などが飛んでいくスクリプト例です。シューティングゲームの弾などに応用できる考え方です。
Unity

Unity2Dをシューティングゲーム試作品を作って学ぶ

昔ながらのシューティングゲームをUnityで作ることは、楽しいだけでなく色々とUnityやプログラミングへの知見が得られるのではないかと思います。こんなゲームを作ります。
プログラミング関連

Visual Studio Codeを完全にアンインストールする(Windows)

機能拡張がぐちゃぐちゃしてきたり、設定をしたのに動作がうまく行かない時はVsCodeを完全にアンインストールしてみるのも解決策の一つかもしれません。
Unity

Unity:ぶつかった時に音を鳴らす

3Dプロジェクトを使って、オブジェクト同士がぶつかった時に効果音を鳴らす方法を解説します。
Unity

Unity:「エディターの起動中にエラーが発生しました: ライセンスが無効です」の対処法

以前とは別のパソコンに新たにUnityをインストール(Unityのバージョンも以前とは別)したときに表示された。 このメッセージが表示されるとプロジェクトの新規作成が出来ない。
Unity

Unity:error CS0117: ‘EditorSceneManager’ does not contain a definition for ‘IsGameObjectInMainScenes’はパッケージ更新で消えます

タイトルが結論です。 わたしの場合は、Unity 2019.4.28f1の環境でアセットUnity Partic...
スポンサーリンク