JS:setTimeoutによる再帰処理でデジタル時計を作る

JavaSciptのロゴ画像JavaScript
スポンサーリンク

JavaScriptで呼び出した関数の最後にsetTimeout関数を使って自身を再帰呼び出しすることでデジタル時計が簡単に作成できます。

スポンサーリンク

再帰処理を使ってデジタル時計を作る

デジタル時計のサンプルを見る

digital_clock.html

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<title>デジタル時計</title>
	<script>
		function digitalClock(){
			// 現在日時を取得
			var now = new Date();
			// 「時」を取得
			var hour = now.getHours();
			// 「分」を取得
			var minute = now.getMinutes();
			// 「秒」を取得
			var second = now.getSeconds();

			// 0埋めで2桁表示にする 例)08:45:09
			if(hour < 10) hour = "0" + hour;
			if(minute < 10) minute = "0" + minute;
			if(second < 10) second = "0" + second;

			// 現在時刻を表示する
			var elem = document.getElementById("clock");
			elem.innerHTML = hour + ":" + minute + ":" + second;

			// 500ミリ秒後に再帰呼び出し
			setTimeout(digitalClock, 500);
		}
		
		window.onload = function(){
			digitalClock();
		}
	</script>
</head>
<body>
	<h1>デジタル時計</h1>
	<p id="clock"></p>
</body>
</html>

コメント