C#: データ型一覧

c_charp_logoC#
スポンサーリンク

C#のデータ型(変数型と言った方が分かりやすいかもしれませんが)の一覧を表形式にしました。

MSDNのページでは、「C#とJavaの比較」といった形で紹介されています。

スポンサーリンク

C#データ型一覧

短い名前(エイリアス)大元のクラス(.NET クラス)型説明Bit幅範囲
byteSystem.Byte符号なし整数80 ~ 255
sbyteSystem.SByte符号付き整数8-128 ~ 127
intSystem.Int32符号付き整数32-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
uintSystem.UInt32符号なし整数320 ~ 4294967295
shortSystem.Int16符号付き整数16-32,768 ~ 32,767
ushortSystem.UInt16符号なし整数160 ~ 65535
longSystem.Int64符号付き整数64-922337203685477508 ~ 922337203685477507
ulongSystem.UInt64符号なし整数640 ~ 18446744073709551615
floatSystem.Single単精度浮動小数点型32-3.402823e38 ~ 3.402823e38
doubleSystem.Double倍精度浮動小数点型64-1.79769313486232e308 ~ 1.79769313486232e308
charSystem.Char単一 Unicode 文字16テキストで使用される Unicode 記号1文字
stringSystem.String文字列char型Unicode 記号のコレクション
boolSystem.Boolean論理型8true または false
decimalSystem.Decimal29 の有効桁数で 10 進数を表現できる正確な小数または整数型128±1.0 × 10e − 28 ~ ±7.9 × 10e28
objectSystem.Object他のすべての型の基本型

表のタイトル順に説明します。

短い名前(エイリアス)は、通常プログラミングで利用するときの宣言用記述です。

int a;

などのように宣言に使います。

大元のクラス(.NET クラス)は、そのデータ型がどんなプロパティやメソッドを持つかを宣言している型名(一部クラス名)だと考えてください。

型説明は、どんな用途に使うかを記述しています。
Bit幅は、そのデータ型がメモリ上でどれくらいのメモリを消費するかを表します。例としてchar型なら16Bit(=2Byte)のメモリを消費します。
範囲は、数値型の場合のみの要素です。その型で宣言した変数は、どんな範囲の数値が扱えるかという意味です。

範囲の例として、1億(=100,000,000)の数を扱うことを考えてみます。
short型で宣言すると範囲が

-32,768 ~ 32,767

となってしまうため、1億という数値を扱うことができません。
int型で宣言した場合、範囲が

-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647

までの数値を扱えるため問題ありません。
ですからこの場合は、intあるいはlongで宣言することが望ましいと言えます。

整数を使うなら、余裕をもって常にlong型で宣言しておけばいいじゃん、という考えもありますが、intは32Bit(=4Byte)のメモリ消費に対して、longは64Bit(=8Byte)と倍のメモリを消費します。

出来るだけ少ないメモリを使う方がハードにも優しいプログラムと言えます。

スポンサーリンク
C#
スポンサーリンク
dennouをフォローする
電脳産物

コメント

  1. 匿名 より:

    Byte幅ではなく、Bit幅かと思われます。
    char型は16Bit(=2Byte)消費するのが正しいかと思います。