C#:リスト(List)の基本

c_charp_logoC#
スポンサーリンク

C#のリスト(Listクラス)は、動的に要素数を変更できる便利なクラスです。
ArrayListという以前から存在するクラスもありますが、処理速度や使い勝手の点でListの方が便利ですので、これから動的要素の処理に使うのであればListが良いでしょう。

ArrayListとListの違いについては、以下のサイトで詳しく説明されています。

ArrayListとListの違いとは?[C#/VB]

スポンサーリンク

リストの宣言方法

List<リスト内の要素の型> リスト名 = new List<int>();

例として、整数型のデータを保存するためのhogeというリストを宣言するには以下のようになります。

List<int> hoge = new List<int>();

リストを使った基本的なサンプル(コンソールプログラム)

簡単なサンプルで示します。
以下のサンプルでは、リストの宣言、要素追加、要素数取得、要素のソート、要素の初期化を行っています。
全てConsole.WriteLineでコンソールに表示していますので

ファイル > 新規作成 > プロジェクト… からコンソールアプリを選択して実行確認して下さい。

実行結果

要素数: 3
500
200
1000
並べ替え後—–
200
500
1000
初期化後の要素数: 0

解説
最初にlistsという名前の整数型リストを宣言します。

// リスト(整数型)の宣言
List<int> lists = new List<int>();

リストにデータを追加するにはAddメソッドを使います。

// リストに要素を追加
lists.Add(500);
lists.Add(200);
lists.Add(1000);

リストの要素数はCountプロパティで取得できます。(ちなみに配列の要素数は、Lengthプロパティです。紛らわしいので注意してください!)

// リストの要素数を表示
Console.WriteLine("要素数: " + lists.Count);

全要素を取り出すのであれば、配列と同じようにforeachを使うことが出来ます。

// リストの要素を全て表示
foreach (int list in lists)
{
	Console.WriteLine(list);
}

並べ替え用のメソッドSortも用意されています。
昇順にソートするだけでなく、リストの内容自体を昇順に入れ替えてくれるメソッドです。

lists.Sort();

リストを初期化するメソッドClearも用意されています。

Clearメソッドは、0クリアではなく初期状態となるため、Clearメソッド実行後はの要素数は0となります。
lists.Clear();

以上、リストの基本でした。

リストの利用方法として以下も参考にしてみて下さい。

C#:リストの要素を削除する
Listは非常に便利なクラスです。 配列とは違い、要素数を動的に変更可能です。 Listに保存されている要素の削...
C#: リスト内の検索を使ったデータ更新
C#でリストに格納したデータ内の検索機能を使ってデータ更新をしてみます。 ListクラスのIndexOfメソッドを...
スポンサーリンク
C#
スポンサーリンク
dennouをフォローする
電脳産物

コメント