C言語:配列の使い道

C言語:配列の使い道C言語初級
スポンサーリンク

C言語で配列の使い方は覚えたが、では実際配列をどう応用すればいいのだ?という人も多いかと思います。
今回2次元配列を使って、1つの考え方の例を示します。

今回作った2次元配列のイメージはこんな感じです。データとしては0か1しか入っていません。

00100000100
00010001000
00111111100
01101110110
11111111111
10111111101
10100000101
00011011000

このイメージでC言語のint型2次元配列に直すとこうなります。

int invader[8][11] = {
	{0, 0, 1, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 0},
	{0, 0, 0, 1, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 0},
	{0, 0, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 0, 0},
	{0, 1, 1, 0, 1, 1, 1, 0, 1, 1, 0},
	{1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1},
	{1, 0, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 0, 1},
	{1, 0, 1, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 1},
	{0, 0, 0, 1, 1, 0, 1, 1, 0, 0, 0},
};

配列名でピンときた人もいるかもしれません。
これをループ処理、if文、printf関数などと組み合わせるとこんな表示になります。

C言語:配列の使い道

考え方としては

0だったら 空白を表示
1だったら を表示

としています。わたしはこうした考え方は重要だと思っています。
変数や配列に何をさせるか?を考えるのがプログラマの役目とも言えるのではないかと。

要するにプログラマがこのデータはこうする!と自分で決めてしまえば配列が意味を成すということです。

先程のインベーダーが表示されるプログラムはこうなります。

xInvader.c

/*
	xInvader.c: 配列の使い道

					Copyright 2019 dianxnao.com
*/
#include <stdio.h>
int main(void)
{
	int i, j;
	int invader[8][11] = {
		{0, 0, 1, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 0},
		{0, 0, 0, 1, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 0},
		{0, 0, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 0, 0},
		{0, 1, 1, 0, 1, 1, 1, 0, 1, 1, 0},
		{1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1},
		{1, 0, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 0, 1},
		{1, 0, 1, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 1},
		{0, 0, 0, 1, 1, 0, 1, 1, 0, 0, 0},
	};
	
	for(i=0; i<8; i++){
		for(j=0; j<11; j++){
			if(invader[i][j] == 1){
				printf("■");
			}
			else printf(" ");
		}
		printf("\n");
	}
	
	return 0;
}

ちなみにプログラムを少し変えるとこうすることも出来ます。

C言語:配列の使い道

わたしの好きなテトリスにこんなブロックがありました。

C言語:配列の使い道

これを2次元配列で表すとこんな感じだと思います。

int block[2][3] = {
	{0, 1, 0},
	{1, 1, 1},
};

これを画面に表示させればテトリスのブロックが表示されたように見えるのです。

あくまでそういう風に見えるというのがコンピュータの世界なんだと思います。

コメント