C言語チャレンジ:計算式の書き方

challenge_C言語logoC言語プログラミングにチャレンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

計算式の書き方

参考プログラム

/* 03calc.c 計算 */
#include <stdio.h>
int main(void)
{
	printf("4 + 3 = %d\n", 4+3);
	printf("16の2乗は、%d\n", 16 * 16);
	printf("5 - 3 * 2 = %d\n", 5 - 3 * 2);
	printf("(5-3) * 2 = %d\n", (5-3) * 2);
	printf("10割る3は、%d\n", 10 / 3);
	printf("10割る3は、%f\n", 10.0 / 3.0);
	printf("10を3で割った余りは、%d\n", 10 % 3);
	
	return 0;
}

実行イメージ

4 + 3 = 700
16の2乗は、256
5 – 3 * 2 = -1
(5-3) * 2 = 4
10割る3は、3.333333
10を3で割った余りは、1

基本は四則演算の足し算「+」、引き算「-」、掛け算「*」、割り算「/」括弧( )を使えば優先順位が高くなるという部分は小学校で習った考え方と同じ。例:(4+2)×3など。
欲を言えば、割った数の余りを求める「%」も覚えておくとプログラミングに役立ちます。

例)5割る3の余りの計算式の書き方 → 5 % 3

詳しくは以下を参考にして下さい。

C初級:四則演算
サンプルプログラム 03calc.c コンピュータはつまるところ計算機です。 何の計算をしてきたかと言えば、...
C言語:演算子の優先順位を分かりやすく説明
C言語の演算子(えんさんし と読みます)には、優先順位というものが存在します。 優先順位を勘違いして代入式などを記述してしまうとプログラムが意図した処理にならない可能性があります。 ここでは、C言語演算子の優先順位を一覧にまとめてみました。

問題2

以下の計算式の結果ををprintf関数を使って画面に表示せよ。

計算式

4 ÷ 2 + 2 × 4
23
128を7で割った余り

プログラムは

printf(“%d\n”, ここに計算式を記述 );

のように作成せよ。

例)12 × 12の場合

printf(“%d\n”, 12 * 12);

プログラム実行イメージ(計算結果のみ表示される)

10
8
2

/* 問題2 解答例 */
#include <stdio.h>
int main(void)
{
	printf("%d\n", 4 / 2 + 2 * 4);
	printf("%d\n", 2 * 2 * 2);
	printf("%d\n", 128 % 7);
	
	return 0;
}

23の計算は、math.hで定義されているpow関数を利用することもできる。(但し、#include<math.h>が必要)
pow関数の戻り値は、浮動小数点型のため書式指定子は%fを使う。

printf("%f\n", pow(2, 3) );

コメント