C言語チャレンジ:整数の計算

challenge_C言語logoC言語プログラミングにチャレンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

整数の計算

参考プログラム

/* 06int.c 整数同士の計算 */
#include <stdio.h>
int main(void)
{
	int x, y;
	
	printf("足し算します\n\n");

	printf("数値1を入力してください: ");
	scanf("%d", &x);
	printf("数値2を入力してください: ");
	scanf("%d", &y);
	
	printf("合計は %dです\n", x+y);
	
	return 0;
}

実行イメージ

足し算します

数値1を入力してください: 345(←キーボードから入力)
数値2を入力してください: 543(←キーボードから入力)
合計は888です

整数の計算は、int型 又は long型を使うことが基本。もちろん狭い範囲の数値を利用するのであれば、char型やshort型も使うことが出来る。

計算結果を画面に表示するだけであれば、上記のサンプルプログラムのように
printf(“合計は %dです\n”, x+y);
として問題ないが、計算結果を表示部分以外でも利用したいときは、合計を代入するための変数を1つ増やし

int sum;

などと宣言しておき、計算を行う際、

sum = x + y;

として一旦計算結果を変数に代入しておき、

printf(“合計は %dです\n”, sum);

とする方法も考えられる。

どちらが良いというわけでない。場面に応じて適切な方法を使えるかどうかだと思う。

参考

C初級:C言語変数型一覧
C言語変数型一覧 変数型 バイト長 保存できる数値...
C初級:変数と定数について
コンピュータは情報を処理する機械です。 コンピュータで扱う情報は、人間からすると文字や画像、音声などと色々存在するよう...

問題6

キーボードから2つの数値を入力させ、乗算した値を表示させよ。

実行イメージ

数値1 ? 123(←キーボードから入力)
数値2 ? 321(←キーボードから入力)

掛け算の結果は 39483 です

/* 問題6 解答例 */
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int x, y;

	printf("数値1 ? ");
	scanf("%d", &x);
	printf("数値2 ? ");
	scanf("%d", &y);
	
	printf("\n掛け算の結果は %d です\n", x * y);

	return 0;
}

問題7

キーボードから3つの数値を入力させ、全ての数の和を表示させよ。

実行イメージ

数値1 ? 999(←キーボードから入力)
数値2 ? 999(←キーボードから入力)
数値3 ? 999(←キーボードから入力)

合計は 2997 です

/* 問題7 解答例 */
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int x, y, z;

	printf("数値1 ? ");
	scanf("%d", &x);
	printf("数値2 ? ");
	scanf("%d", &y);
	printf("数値3 ? ");
	scanf("%d", &z);
	
	printf("\n合計は %d です\n", x + y + z);

	return 0;
}

コメント