C初級:数値配列

C言語初級カテゴリのロゴ画像C言語初級
スポンサーリンク

変数を拡張した考え方として配列があります。

配列も変数です。通常の変数と違うのは添え字(そえじ)呼ばれる番号がついている点です。

スポンサーリンク

数値配列の利用例

以下は、5つの数値を配列に代入してその合計値を表示するサンプルです。

suti_hairetsu.c

/* suti_hairetsu.c : 5つの数値を配列に代入してその合計値を表示する */
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int i, gokei;
	int suti[] = {1, 2, 3, 4, 5};
	
	gokei = 0;
	for(i=0; i<5; i++){
		gokei += suti[i];
		printf("suti[%d] = %d\n", i, suti[i]);
	}
	printf("\n\n合計は、%dです\n", gokei);
	
	return 0;
}

実行結果

suti[0] = 1
suti[1] = 2
suti[2] = 3
suti[3] = 4
suti[4] = 5

合計は、15です

このように配列は、ループと組み合わせて使うと効果を発揮します。
上記プログラムで言うと配列の添え字部分がfor文のカウンタ変数になっている点がポイントです。

gokei += suti[i];

これで順番に数値を変数gokeiに加算しています。

配列の宣言方法

配列の宣言方法は簡単です。

int型変数を例に取って説明します。

宣言方法

int 配列名[要素数];

実際の例

int suti[5];

これで配列sutiが宣言されて5つの数値を代入できるようになります。
実際に数値を代入する場合は、

suti[0] = 10;

などのように使います。
ただしC言語配列の添え字は0から始まるため5つの要素を宣言した場合に利用できる添え字は、0~4までとなります。
上記例では、

suti[5] = 100;

などとするとエラーになります。

通常の変数と同様に配列変数も宣言と同時に代入ができます。

宣言と同時に代入

int suti[5] = {1, 2, 3, 4, 5};

配列宣言と同時に代入した場合、宣言の要素数を省略することができます。

int suti[] = {1, 2, 3, 4, 5};

コメント